紫外線などの損傷から皮膚を守ってくれるハイドロキノン配合のコスメライトクリーム。皮膚科でも使われている有効成分を含むコスメライトクリームの効果と副作用についてご紹介します。

お知らせ
顔クリームと白い花

コスメライトクリームは「ハイドロキノン」と「トレチノイン」という成分が配合された美容クリームです。
主成分であるハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれており、シミや黒ずみの原因とされるメラニン色素を減少させる効果があります。
ハイドロキノンを塗ることで、メラニン色素を生成するメラノサイトと呼ばれる細胞に働き、細胞を減少させます。
この成分のすごいところは、これからシミになりそうな部分にも、すでにシミになってしまった部分にも作用するところです。

もう一つの成分であるトレチノインは、表皮の細胞を活発に増殖させる効果があるため、ターンオーバーが活発に行われ、表皮の細胞はどんどんと押し上げられていきます。
これによって、皮膚の奥深くにあるメラニン色素を外へ出し、きれいな皮膚にする働きをもっています。
およそ2週間~4週間で奥深くにあるメラニン色素を外へ押し出してしまいます。
ビタミンAにも同様の作用がありますが、トレチノインはビタミンAのおよそ100倍の作用を持っているのです。

コスメライトクリームには、この2つの強力な成分が含まれているのです。
この2つの成分が互いに作用しあうと、ハイドロキノンがメラノサイトに働いてメラニン色素生成を抑制し、その間にトレチノインが肌を活性化させて出来てしまったシミを外へ押し出して肌をキレイにしていきます。

コスメライトクリームはこのような強い作用を持っているので、患部に少量を塗るだけでよく、また同様の効果を持つ「メラケアクリームの」ジェネリック医薬品でもある経済的に使用することができます。

コスメライトクリームを塗る時間は就寝前が最適です。
それは、ハイドロキノンが紫外線に弱いためです。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索